くい丸®

DRESネット

くい丸®の構造

頭部

頭部は円盤状のプレート[SWRCH]を全周熔接。熔接部分はサビに強い常温亜鉛めっき仕上げ。

叩き付けても壊れにくく、施工後の美観と安全性に優れ ています。

繰り返し使用可能

強度を高める為に、絞り加工とプレートの全周熔接加工をしています。
壊れにくく耐久性に優れていますので、繰り返し使用することができます。

安全

手を切ったりする危険のあるカエリができにくく、安全性と美観に優れています。

常温亜鉛めっき仕上げ

頭部と尖端部は亜鉛96%を含んだ常温亜鉛めっき塗料(グリーン購入法適合品)仕上げ。
亜鉛と鉄が電気化学的に結合していますのでサビが浸食しにくく、溶融亜鉛めっきと同等の防錆力を持っています。

絞り加工

頭部と尖端部の両方に絞り加工を施し、強度と使い勝手が飛躍的に向上。

プレートと溶接部分は本体よりも内側にあり、くい丸を重ねても互いに干渉しません。

かさばらない

杭の本体部分からの頭部と尖端部のはみ出しが一切ありません。
杭同士を重ねても干渉せずにかさばりませんので、より安全かつ省スペースで保管・輸送が可能です。

高い耐久性

杭打ち作業では杭に対して大きな力が掛かります。
絞り加工により、その負担を一点に集中させず杭全体に分散させることで、より耐久性を高めています。

尖端部

尖端部は尖った硬いハガネ材[S45C]を全周熔接。木杭や足場管では施工の困難な難地盤にも対応可能。

強度が高く、繰り返し使用することができます。

難地盤に施工可能

尖ったハガネ材で、いわゆる難地盤(石混じりの固い地盤や鉄道バラスト、アスファルトなど)にも施工可能です。

作業性アップ

打ち込みやすいので、作業性がアップします。労務コストの削減にも繋がります。

繰り返し使用可能

頭部と同様に全周熔接しています。
地面に打ち込んでも杭の中に土が入り込まず、繰り返し使用できる高い耐久性を持っています。

くい丸の仕様・梱包等

主な仕様

直径 27.2mm 31.8mm 34.0mm
銅管部材質 先めっき銅管
(STK-400)
先めっき銅管
(STKM-12A)
先めっき銅管
(STK-400)
肉厚 1.9mm 1.6mm 2.3mm
頭部材質 普通銅(SWRCH)
尖端部材質 ハガネ材(S45C)
長さ 600~4000mm各種
重量 長さに依る(価格表を参照)
塗装等 熔接部分常温亜鉛めっき仕上げ
直径 38.1mm 42.7mm 48.6mm 60.5mm
銅管部材質 先めっき銅管
(STKM-12A)
先めっき銅管
(STK-500)
先めっき銅管
(STK-500)
先めっき銅管
(STK-400)
肉厚 2.3mm 2.4mm 2.4mm 2.3mm
頭部材質 普通銅(SWRCH)
尖端部材質 ハガネ材(S45C)
長さ 600~4000mm各種
重量 長さに依る(価格表を参照)
塗装等 熔接部分常温亜鉛めっき仕上げ

※ミルシート付きの官公庁・自治体向けのご承認願い図・試験結果をメーカーにて
  ご用意いたしております。
 詳しくは販売店もしくはメーカーまでお問い合わせください。

梱包


基本梱包(5本)

標準梱包(50本)

くい丸5本をテーピングで結束した基本梱包は緩みにくく、持ち運びに便利です。
基本梱包10結束でフォークリフト対応の標準梱包になります。
50本以上の出荷は基本的に標準梱包の組み合わせで出荷させていただきます。

くい丸のカスタマイズ

頭部指定色塗装

くい丸の頭部にご指定の色を塗装します。機材管理色を塗装したり、現場の魅力アップに役立ちます。
※赤・青・緑・白・黄 等各種
※その他の色については別途お問い合わせください。

刻印

プレス機でアルファベットを刻印します。会社名などを刻印することができます。
※文字数:7文字まで
※アルファベットのみ対応。数字・ひらがな・カタカナ・漢字は別途お問い合わせください。

レール基準杭

東海新幹線での採用実績もある、鉄道の基準杭として使用するための加工を頭部プレートに施したくい丸です。

ステンレス製

頭部・尖端部・銅管部から溶接ワイヤーまで、すべてステンレス(SUS304)を使用したくい丸です。圧倒的な防錆力を誇り、海辺など鉄がサビやすい場所で施工する場合に特に有効です。


くい丸®の5つのアドバンテージ

経済性
■労務費の削減

例えば、100mの仮囲い工事では、およそ84本のくい打ち作業が必要です。
打ち込み杭に足場管を使用すると、5名の作業者で2日間掛かります。
くい丸を使用すれば、5名・1日の作業で施工することができます。

※1 くい丸とエアブレーカーキャップ、コンプレッサー、2tトラックを使用。
※2 弊社テストケースと積算基準との比較です。
   地盤等の状況により変動するものであり、この数値を保証するものではありません。

■低ランニングコスト

耐久性に優れており、繰り返し使用できますのでランニングコストを大幅に削減できます。
(株)日鐵テクノリサーチにて1,000回のくい打ち繰り返し試験を実施済。

■産業コストの削減

土が入り込んだ足場管は場合によっては再資源化が難しく、廃棄処理が必要になります。
くい丸を使用すれば、繰り返し使用することができますので産廃量を減らすことができます。
足場管を杭として使用すると、土が入り込んでしまいます。

経済性
■作業時間の短縮と疲労の軽減

熟練が必要で体力的にもきつい鉄製大ハンマーを使うことなく、エアブレーカーを使用しながら打ち込むことができます。
作業者はラクにすばやく施工できますので、工事全体の品質の向上と工期の短縮に繋がります。

■地盤を選ばずに施工可能

良地盤の場合は、足場管も使用できますが、固い地盤や石混じりの地盤ではくい打ち作業に非常に手間とコストが掛かります。
強く叩きすぎると足場管の先が割れたり潰れたりしますので、美観と安全性に問題が残ります。
くい丸を使用すれば、石混じりの地盤でもラクラク施工可能。
足場管を使用していては解決のつきにくいこういった問題を、くい丸を採用することで驚くほど簡単に解決できます。

※1 くい丸でもコンクリートや岩石等、圧縮強度の高い地盤や石には施工できません。

経済性
■一定の深さまでの施工が容易

くい丸の施工のし易さは安全性アップにも効果があります。
難地盤でも施工できますので、信頼できる強度が出る深さまでのくい打ちが容易に可能です。
足場管を使用して浅くしか打ち込めていない場合、特に台風のときなどに、杭としての信頼性を保てない
恐れがあります。
くい丸を使用して、しっかりと安全な深さまで施工することが台風対策に繋がります。

■頭部が壊れにくい

くい丸の頭部は、強く叩いても壊れにくく、施工後の美観にも優れています。
足場管を使用して頭部が破損した場合、養生キャップを取り付けることもできないままに放置せざるを得ないのが現状で、現場の事故発生リスクを高めています。打ち込み杭専用材のくい丸を使用することでこのような怪我の原因を元から断つことができます。
また、施工後の耐久性にも優れており、長期にわたって杭としての使用を続ける場合にも有効です。

経済性
■施工後の美観

しっかりと全周熔接されたくい丸の頭部は、施工後の美観にも優れています。安全性もバツグンです。

経済性
■ゼロミッション達成を強力にサポート

足場管は繰り返し使用できる場合もありますが、基本的には使い捨てを前提に使用します。
また土の入り込んだ足場管は産業廃棄物として処理する必要が発生する場合があります。
それに対して、くい丸は繰り返し使用することえお前提に設計された杭です。
繰り返し使用することで廃棄物量=廃棄コストを低減することが可能です。
また、打ち込みや引き抜きをサポートするくい打ち丸やくい抜き丸ロッキージャッキ等のパーツもラインナップしております。

※1 「国土交通省土木工事積算基準(平成19年度版)」の⑪仮囲い設置・消去工」に捨てパイプと記載されています。

強度試験結果

(株)日鐵テクノリサーチにて実施した、くい丸の落重試験によるくい打ち繰り返し試験の結果です 。

試験体と試験条件

試験体:くい丸42.7×1000L
頭部の強度を判断するため、くい丸頭部を残して長さ500Lに切断したものを使用した。

試験方法

【試験1】 落重試験機を使用して、高さ0.5mから5Kgのおもりを100回、15Kgのおもりを20回の試験を実施した。

【試験2】 試験1で割れが発生しなかったので、更に5Kgのおもりで900回の試験を実施した。
試験1とあわせて、合計1,020回のくい打ち試験を行ったことになる。

試験方法の根拠

gh(1/2)m222
ただし、
:おもりの重さkgf
g:重力加速度9.8m/S
h:落下高さm
:ハンマーの重さkgf
:ハンマーの衝突時の速度m/s
ハンマーの衝突時の速度Vは人によって異なるが、今回は4m/S で計算した。
h=(1/2)m2/g
     1.47kgm
ここで、h=0.5mとすると、m=2.9kgとなる。
よって、 おもりは5kgfとしたが、15kgfでも実施した。
ちなみに h=0.5mであると、衝突時の速度は3.1m/sとなる。

試験結果

試験結果は下表のとおり。
トータルではおもり5kg、 高さ0.5mで1,000回、おもり15kg、高さ0.5mで 20回の試験を行ったことになるが、割れは発生しなかった。

おもり(kgf) 高さ(m) 回数(回) 結果
5 0.5 100 割れ無し
15 0.5 20 割れ無し
5 0.5 900 割れ無し
ページ先頭へ
新着情報
2017年09月06日
採用情報を更新致しました。
2017年09月06日
会社案内を更新致しました。
2017年08月06日
代表あいさつを更新致しました。
2017年05月25日
会社案内を更新致しました。
2017年05月25日
代表あいさつを更新致しました。
2017年05月25日
採用情報を更新致しました。
2016年12月22日
採用情報を更新致しました。
2016年06月20日
経営理念を更新致しました。
2016年05月10日
代表あいさつを更新致しました。
2016年02月15日
採用情報を更新致しました。
2015年11月06日
取扱い製品に「SWマット」を新しく追加致しました。
2015年11月06日
施工事例を更新致しました。
2015年09月29日
施工事例を更新致しました。
2014年10月17日
ホームページをリニューアルいたしました
デザインを一新いたしました。今後ともよろしくお願いいたします。
事業所一覧
福岡本社
〒812-0007
福岡県福岡市博多区東比恵
2丁目7番13号
TEL 092-451-6221
FAX 092-451-4854
長崎本社
〒854-0069
長崎県諫早市貝津ヶ丘489番15
TEL 0957-56-9703
FAX 0957-56-9813
長崎営業所
〒851-0503
長崎県長崎市高浜町4335-1
TEL 095-896-8588
FAX 095-896-8589
佐世保営業所
〒859-3201
長崎県佐世保市平松町643
TEL 0956-26-5380
FAX 0956-26-5381
山口出張所
〒747-0012
山口県防府市牟礼今宿1丁目18番15号
TEL 0835-28-9990
FAX 0835-28-9991
佐賀営業所
〒840-2221
佐賀県佐賀市東与賀町大字下古賀1533-1
TEL 0952-97-6441
FAX 0952-97-6442
久山寮・倉庫
〒811-2501
福岡県糟屋郡久山町大字久原3282-4